MENU MENU

ヴィジョン・デザイン VISIONS & FUTURE DESIGN

顧客視点の発想、ブランドへの共感と信頼を可視化します

デジタル・トランスフォーメーションによって、市場をめぐる環境が変化し、人々は常に情報に触れる機会を得ることができます。デジタルやITに関係のなかった業界でさえ、顧客と企業のコミュニケーションの仕方は大きく変化し、不確実に対して、領域を横断する思考が求められています。変化の時代こそ、あるべき姿を描き、具現化して人々が自律的に向かうアプローチが必要です。ヴィジョンという抽象的で目に見えないものを可視化することは、企業がヴィジョンを軸にした課題解決のアプローチで、未来の予測ではなく意志を持った推進力を持つことを意味します。

モノは所有からシェアの時代へと変わりサービス化・デジタル化が進む市場で、顧客は自身にとって「特別な存在」を求めるようになりました。
自社のカルチャ-やビジョンをいかにユニークに、あるいははやり言葉を表面的に使うのではなく、どこまで愚直に実行し、『ファン』そして『サポーター』を獲得するかが問われる時代です。
このような状況下では、アナログとデジタルを横断したコミュニケーション、また、想像するイメージをビジュアライズすることが必要です。
BOEL Inc.が手がけるヴィジョン・デザインは、顧客の感情へ働きかけるコミュニケーションを創出し、消費者にとっての「特別」をつくるために、クライアントと並走しながらブランドの価値を磨き上げ、デザインとテクノロジーをかけあわせて、ユニークなブランドを確立する支援をします。

Branding

ブランドを一緒に育てていく

ブランドはその企業だけがもつもの(遺伝子・コア・本質)から生まれるため、ブランディングといっても、そのアプローチは多岐にわたります。そのためテンプレートに当てはめれば答えが導かれるものではありません。
私たちはブランドを「人」と考え、ブランドひとつひとつの「人格」を捉え、ブランドを育てるという考えに基づき、長く愛されるブランドの確立をシンプルなプロセスで辿ります。ブランドの個性を浸透させるため、左脳的な分析や戦略を構築する技能と右脳的な感情を生み出す技能を合わせることで、人が潜在的に求める心地よさをクリエイティブへ落とし込んでいきます。
強いブランドは、さまざまな顧客との接点において一貫性を保ち続けるため、関係性を強めるポイントとなり差別化を促す役割を担います。私たちは、強いブランドを持つことは企業にとって、大きな資産となると考えています。
そのため、ブランドの成長を見守り続け、時には時代や市場、人々の考え方の変化に合わせてブランドをアップデートしていくことで、顧客とブランドとの関係を新しく結び直していきます。それはただ単にロゴを新しくするなどの短略的なものではなく、人とブランドの間に生まれた密接でパーソナルな感情やストーリーを再び紡ぎ合わせることになります。終わることのない人とブランドとのコミュニケーションを創造することがBOEL Inc.のブランディングであり、わたしたちはクライアントと共にあゆみ続けます。

PROJECTS

ブランド戦略からビジュアルコミュニケーションに
至るまでユーザー中心設計の
デザインプロセスを通じ、
優れたカスタマーエクスペリエンスを実現します。

画面を回転してください | 株式会社BOEL

画面を回転してください