MENU MENU

コミュニケーション・デザイン COMMUNICATION DESIGN

意思疎通の継続的なエコシステム

デバイスの状態や周囲の状況などさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積・分析するコネクテッド(connected)サービスに代表される現在の技術は、新たな価値を生み出し、顧客とのつながりを無限に広げています。企業は常に進化する技術や市場の中で成長し、顧客に選ばれる価値を提供し続けなければなりません。
コミュニケーション・デザインは、人と人との間のコミュニケーションをデザインすること、そして自社がどのように顧客とつながり、関わりを持てるかといった企業と顧客との間のコミュニケーションをデザインすることです。プロモーションやブランディングなどのコミュニケーションはもとより、商品・サービスの開発、事業の企画、設計、そして社会的課題の解決に至るまで、企業と消費者、そして社会に存在する課題を、コミュニケーションで解決するという取り組みです。
コミュニーケーション・デザインにおけるコミュニケーションの定義は、人と人との間で「情報や理解が共通のものになる」状態を意味し、デザインは、情報などを人々の間で共通のものにするための問題解決を意味します。
わたしたちは顧客とのあらゆるコミュニケーションのチャンスをデザインし、顧客の傾向・動きに合わせてビジネス戦略のもと、接点となる媒体や情報、スケジュールなど全体の構成を考えて設計します。UX戦略の観点から顧客とのタッチポイントに根拠を与え、切れ目ない継続的なエコシステムを作り上げていきます。

対話は信頼に寄与する

まず「人」がどう動くのか、どうすれば最高の出会いの場を提供できるのかを考え、そこから最適な手法を逆算していくのがコミュニケーションデザインの考え方です。
この考えのもとにデザインされた広告だけではない複数の情報ソースに顧客が触れたとき、人の心が動きます。近年では広告業界のみならずメーカーなどでも目に見えない価値を世の中に伝えるための方法としてコミュニケーションデザインを用いる企業が増加しています。
企業やブランドがメッセージを適切に顧客に伝え、伝わるためには、「顧客にどう感じて欲しいか」を目標に最適なアプローチを考えることが必要となります。ブランドは一方的な発信で作られるものではなく、コンセプトや理念などが「伝わる」ことで少しずつ人々の頭の中で印象づけられ、形づくられていきます。BOELでは「伝える」と「伝わる」の違いを理解し、送り手と受け手の意思疎通を高め、企業と顧客とのロイヤルティに寄与する施策を提案します。コミュニケーション・デザインは、企業の伝えたいことや、そもそもの課題の意義から発想し、これから打ち出す広告が最大限の効果をもたらすよう環境のデザインをすることでもあります。コミュニケーション・デザインを取り入れることで企業と顧客とのコミュニケーションをデザインし、目に見えない価値を届けることができます。
BOEL Inc.では、企業やブランドが伝えたい情報を正しく顧客へ伝わるように、丁寧なコミュニケーションをクライアントとともに発信し続けていきます。

PROJECTS

ブランド戦略からビジュアルコミュニケーションに
至るまでユーザー中心設計の
デザインプロセスを通じ、
優れたカスタマーエクスペリエンスを実現します。

画面を回転してください | 株式会社BOEL

画面を回転してください