アユムホーム

AYUMUHOME

ともにあゆむ家づくり

「群馬で他にない新しいハウスメーカーを作りたい」
代表が発した熱いメッセージから、アユムホームのブランディングプロジェクトがスタートしました。
当時はまだ小さな賃貸オフィスの1室で打ち合わせをしたのを覚えています。実績はほとんどなく、何もない状態からのスタートでした。
群馬のオフィスに何度も訪れ、ブランドへの想いや考えを打ち合わせし共有することで強み、弱みを整理。
常に「どこへ向かうべきか?」とブランドが進むべき大きな方向性を考えていきました。そこからよくキーワードとして出てくる「一緒に作っていきたい」という想いを元に、地域の方に寄り添い、地域に根付くことをポイントとしました。
ブランドの核となるブランドコンセプトを「ともにあゆむ、あたらしい住まいづくり」と作成し、コンセプトを軸にロゴマークの開発を行います。
ロゴマークでは、お客様と信頼関係を築きながら、またご家族の気持ちに寄り添いながら、
二人三脚で家づくりを行って行く姿をアユムホームの名前で表現しました。

課題

個性を持つハウスメーカー

都心へのアクセスも良好な群馬県高崎市は、大手・中堅問わずハウスメーカーがひしめき合う競争の激しいエリアです。アユムホームがハウスメーカーとして生き残っていくために、独自の戦略を考える必要がありました。アユムホームが目指したのは、価格競争の末にたどり着くプライスの地位でも着工棟数の優位性でもなく、他とは一線を画す強い個性を持ったハウスメーカーとしての存在感でした。

解決

家づくり後のストーリー

施主さまと職人が一緒に歩幅を合わせて寄りそって歩む家づくりのプロセス、そしてディテールにこだわり抜いたデザインがアユムホームの強みです。当時の代表が営業の結果、受注した記念すべき第1棟が完成したとき、Webサイト開発の依頼を受けたことからプロジェクトがスタートしました。ロゴマークもなかった当時、アユムホームの良さをどのような表現すべきかを模索した結果、ブランドストーリーを策定し、その文脈に合わせてロゴ、シンボルマークを開発するプロセスを選択します。
次のステップのVI(Visual Identity)では、素材の開発に着手します。施工事例の撮影では、施主さまのご家族の協力を得て、リアルな新居での生活風景を撮影することができました。最も重視したのはユーザーのタッチポイントです。ユーザーが見るもの、触れるもののデザインとその意味に拘りました。

結果

本物というリアリティを届ける

本物というリアリティを一枚一枚ビジュアルに落とし込むことで、自然な空気感、家族が違いをいたわり合う慈しみを表現することができました。注文住宅という世界にふたつとないこだわりの家を丁寧に見せていくことが、ユーザーの共感を呼び、家づくりを自分ごととして捉えるきっかけを生み出すことできました。

Type
faces

アユムホームのType face

Color
Schemes

  • RGB / 255 255 255
    CMYK / 0 0 0 0
    HEX

  • RGB / 241 241 241
    CMYK / 7 5 5 0
    HEX #F1F1F1

  • RGB / 66 111 167
    CMYK / 79 56 18 0
    HEX #426FA7

アユムホームのイメージ画像
アユムホームのイメージ画像
アユムホームのイメージ画像
アユムホームのイメージ画像
アユムホームのイメージ画像
PROJECT アユムホーム ブランディング
CLIENT 株式会社アユムホーム
YEAR 2017
画面を回転してください | 株式会社BOEL

画面を回転してください